ブログ

  1. 高速道路に空いた穴をわずか「1分」で補修できるキットを開発

    ネクスコ中日本のグループ会社などが開発したのは「TOKE(とけ)・パック」。中にはアスファルトが入っていて、水に溶ける袋でパックされています。道路上に出来る穴=「ポットホール」を埋めるための補修材で、これを穴にいれて水をまき足で踏み固めるだけで、穴を埋めることが出来ます。

  2. ガソリン全国平均142円50銭。12週連続の値下がり

     経済産業省資源エネルギー庁が23日発表した21日時点のレギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均小売価格は、15日時点の前回調査と比べて30銭安い142円50銭だった。ハイオクは1リットル当たり20銭安い153円30銭、軽油は20銭安い123円60銭だった。

  3. スバル、国内生産止まる。電動パワステに不具合で納車遅れも

     影響はすでに1万台以上にのぼるスバルが16日夜から、国内唯一の完成車工場で昼夜2交代の生産体制をとっている群馬製作所(群馬県太田市)の操業を停止していることがわかった。日曜で休日だった20日を除き、22日まで生産は再開できておらず、23日も生産を止める。

  4. ナンバーを自動で読み取って車検切れを確認する装置で取締まり。徳島でも開始。

    全国でナンバーを自動で読み取って車検切れを確認する装置で取締まりが始まっていますが、徳島県でも実施が始まりました。開始早々の1時間で1台が処分を受けたとのことです。

  5. 自賠責保険料、2019年度は据え置き

     金融庁は16日、自動車や二輪車の保有者が加入を義務づけられている自動車損害賠償責任(自賠責)保険の審議会を開き、2019年度の保険料を18年度と同額に据え置くことを決めた。据え置きは2年連続となる。

  6. 若者のクルマ離れと言われているが、正確には・・・

    一般的に若者のクルマ離れと言われている今日このごろ。でも実際には「若い男性の車離れ」が正しい表現と感じます。「オートマチック車」、「パワーステアリング」、「カーナビ」の普及と性能向上から、女性が容易に運転できるようになり、実際に20代女性の車普及率が年々高くなってきています。

  7. 10連休、どうする?。旅行、婚活…。異例の長期休暇。

    一方で、「仕事を休めない」「うれしくない」との悲鳴も聞こえてくる。2019年は皇太子さまが新天皇に即位されることなどに伴い、祝日法の規定で、4月27日から5月6日までが大型連休となる。ほくほく顔なのは、旅行業界。

  8. 冬と夏はバッテリーや充電装置のチェックをしましょう!

    思わぬバッテリー上がりで、急にエンジンがかからなくなっちゃった。クルマを長く乗っていると、必ず経験があると思います。遠方でのトラブル発生は避けたいものです。バッテリーの寿命(通常2~3年程度)、発電装置の劣化、クルマ使用頻度が少ない等々原因があります。

  9. クルマに「お正月飾り」。昭和はつけるのが当たり前だったのに…

    数年前から自動車のフロントに飾る「車用正月飾り」はほとんど見かけなくなりました。昭和の頃は、お世話になった自動車に「お飾り」をつけて正月を迎えるのが儀式でした。今はほとんど見かけなくなりました。自動車用お飾りだけではなく、家の玄関につける正月飾りも毎年減る一方であるという。

  10. 引っ越しで住所、離婚で姓が変わった…。運転免許の再交付を申請可能に

     運転免許証の再交付はこれまで、紛失した場合などに限られていましたが、住所を変更したり結婚などで姓が変わったりした場合でも申請できるようになります。

  11. 日本の免許保有者、ハワイで運転試験免除へ

     日本政府は20日、米ハワイ州と運転免許試験を相互に免除する覚書を締結した。日本の有効な免許証を保有するハワイ州在住者は、同州の免許取得で筆記と実技が免除される。在ホノルル日本総領事館によると、米国では東部メリーランド州や西部ワシントン州と同様の協力関係を結んでいる。

ページ上部へ戻る