ブログ

  1. 横断歩道の手前で一時停止してくれた車に登校中の児童がペコリ

    「ありがとう」、お礼を言う取り組み。三重この取り組みは、運転マナーの向上を図ろうと、津警察署が地元の小学校などと協力して行いました。5日は、津市の敬和小学校の児童が登校中、信号がない横断歩道で一時停止した車に頭を下げて「ありがとうございます」とお礼を言っていました。

  2. レイザーラモンRG、ものまね新ネタ「アルロス・ゴーン」初披露

    お笑いコンビ「レイザーラモン」のRG(44)が30日、ピン芸人日本一決定戦「R-1ぐらんぷり2019」の開催発表会見に出席し、新ものまねネタ「アルロス・ゴーン」を披露した。RGは髪を七三分けにし、スーツ姿のビジネススタイルで登壇。

  3. ◆自動車税、引き下げへ

    「エコカー減税」の対象は絞り増税。全体の税収は変わらず減税幅などの詳細を今後詰め、来月半ばにまとめる来年度の与党税制改正大綱に盛り込む。自動車税の税収は年約1・5兆円。地方の主要な税収になっており、減税には自治体が強く反発している。

  4. 自動車税改革!走行距離での課税検討。政府・与党

    自動車関連税制の将来的な見直しで、政府・与党が走行距離に応じた課税を検討していることが27日、分かった。若者の車離れなどで自動車の保有者が減少する中、与党税制調査会は排気量に応じて課税している自動車税の新たな基準づくりについて議論。

  5. 免許証に元号と西暦併記へ…

    希望者多く方針転換警察庁は、運転免許証の有効期限の表記について、元号と西暦の併記とする方針を固めた。システム改修を終えた都道府県から新しい免許証に切り替える。

  6. ファミリーマートの商品をドローンで配送

    実用化に向けて12月1日から12月14日まで岡山県和気郡和気町で実施これは、ドローンによる荷物配送モデルの早期実用化に向け、国土交通省・環境省の連携事業「平成30年度CO2排出量削減に資する過疎地域等における無人航空機を使用した配送実用化推進調査」として、全国5地域で順次進められて...

  7. 年末年始のコインパーキング料金に注意を!

    コインパーキングの料金表示に関するトラブルの相談は、2013~16年度は1年に300件前後だったが、昨年度は363件に増えた。京都府の40代女性は、12月31日夕から元日夜まで駐車。普段は24時間で千円程度の駐車場だったが、年末年始の特別料金が適用され、約1万円を請求された。

  8. 人型ロボット「ムサシ」、車も運転できるよ。東大が披露

    愛知県豊田市で16日、等身大の人型ロボットが車の運転を披露した。東京大大学院情報システム工学研究室が開発中の「ムサシ」で、近くの小学生らが見守る中、20mほどの道を「一人」で走った。ムサシは高さ160センチ、重さ50キロで、74個のモーターで手足を動かす。

  9. ファミリーマート、ドローンで日用品を配送を目指す

    ファミリーマートは11月16日、岡山県和気町で12月1日~14日に実施されるドローンを活用した配送実験に参加すると発表した。ドローンが運ぶ食料品や日用品を提供する。過疎地域でのドローン配送の効果を検証する。

  10. スズキ「ワゴンR」など約78万台リコール、不具合延べ1600件超

    スズキは15日、軽自動車「ワゴンR」などのリコールを国土交通省に届け出た。発電機を回す「エンジン補機ベルト」の耐久性不足でエンジンが停止する恐れがあるなど3件の原因によってリコールする。対象は計78万7574台、延べ数では120万台超となる。

  11. タクシー配車アプリで「複数会社に配車依頼やめて」

    スマートフォンのアプリを使ったタクシー配車が広まっていますが、ひとりの利用者が同時に複数の会社へ配車依頼をするという問題も起きています。名古屋タクシー協会が2018年11月からウェブサイトで「タクシーの『配車申し込み』『ご利用方法』についてのお願い」を掲載しました。

ページ上部へ戻る