ブログ

  1. タクシー配車アプリで「複数会社に配車依頼やめて」

    スマートフォンのアプリを使ったタクシー配車が広まっていますが、ひとりの利用者が同時に複数の会社へ配車依頼をするという問題も起きています。名古屋タクシー協会が2018年11月からウェブサイトで「タクシーの『配車申し込み』『ご利用方法』についてのお願い」を掲載しました。

  2. 自動車環境性能税を最大2%減税

    政府検討、消費税増税対策政府が来年10月の消費税率10%への引き上げに伴う需要の反動減対策で、自動車の購入時にかかる税金を最大2%減税する案を検討していることが分かった。

  3. ドライブレコーダーの威力!悪質あおり運転の男(35)を逮捕

    後ろにピタリ(3.2m)、幅寄せ(40cm)も 「わざとではない」今年8月に北海道小樽市張碓町の国道5号でRV車を運転中に女性(53)が運転する軽自動車に幅寄せするなど、事故を起こしかねない悪質なあおり運転をした暴行の疑いでトラック運転手の男(35)が逮捕されました。

  4. 信号のない横断歩道を歩行者が渡ろうとしていても停まらない車が92%

    警察は取締りを強化へ。秋田県JAFはことし8月から1か月間、信号機のない横断歩道で車が歩行者を優先した運転をしているか、全国94か所で調査を行い、秋田県内では2か所が対象になりました。

  5. 「自動運転」と云う言葉を今後使わないことをメーカーや国が決定

    過信防止のため。今後は「運転支援」という呼び名に。関係者によると、国内メーカー各社や国、専門家らが自動運転技術の安全性などを話し合う「先進安全自動車推進検討会」で10月に合意した。近く国土交通省が公表する。

  6. 英ダイソン、なぜシンガポールでEV生産するのか

    サイクロン掃除機などで知られる英家電大手ダイソンの創業者で富豪のジェームズ・ダイソン氏が、シンガポールに電気自動車(EV)の製造工場を建設する計画を発表すると、一部で驚きの声が上がった。土地が極端に少ないこの都市国家は、平均賃金が世界で最も高い国の1つであるだけではない。

  7. シフトレバーはもはや不要?。広まる「プリウス式」、全スイッチ化も

    ハイブリッド車や電気自動車の台頭と歩調を合わせるように、シフトレバーの小型化が進んでいます。なかにはレバーを全くなくしてしまった車種もあります。

  8. 空飛ぶタクシー「ボロコプター」、シンガポールで来年試験飛行

    シンガポールで自動運転式ホバータクシーの試験飛行が来年実施される。ドイツの開発製造企業が23日、発表した。悪名高いアジアの交通渋滞から脱出する最新の解決策として期待される。

  9. 「美人すぎるタクシードライバー」生田佳那さん

     彼氏と別れてしまう理由告白 「運転は上手じゃないと…」タクシードライバーとして乗務しながらモデルとしても活躍し、"美人すぎるタクシードライバー"として注目を集める生田佳那が、23日放送のTBS系バラエティ番組「有田哲平の夢なら醒めないで」に出演。

  10. ◆世界初、エアコン付きバイク用ヘルメット

    Feher Helmets社が作ったエアコン内蔵ヘルメット「ACH-1」熱電素子技術と特許出願中の管状布素材のおかげで、ヘルメットの内部は涼しい空気が循環。走行中に理想的な温度を保ってくれるのです。しかも熱気はちゃんと排出してくれるので、熱効率もグーです。

ページ上部へ戻る