未分類

  1. ハワイ州議会、たばこ購入年齢を100歳に引き上げる法案を審議

    米ハワイ州議会でこのほど、たばこの購入が許可される年齢を、現行の21歳以上から100歳以上まで段階的に引き上げる法案の審議が始まった。法案は「たばこは人類史上、最も致死性の高い人工物だと考えられる」との文言で始まり、州内でたばこが購入できる年齢の下限を来年までに30歳に引き上げると規定。

  2. 英空港が駐車ロボットを試験導入、収容台数1.2倍に

    英国の空港で、旅行者の自動車を駐車させるロボットの3カ月にわたる試験が始まる。ロボットの導入で、これまでよりも数千台多い車が駐車できるようになる予定だ。

  3. 警察庁、規制速度120km/hの試行。3月1日から。

    新東名 新静岡IC~森掛川IC、東北道 花巻南IC~盛岡南ICで開始。他路線や他区間への拡大も検討。

  4. 横断歩道で9割止まらず。滋賀県内の車

    信号機のない横断歩道を渡ろうとする歩行者がいるにもかかわらず、一時停止しない車が滋賀県内で9割を超えることが、日本自動車連盟(JAF)の調査で  分かった。一時停止せずにそのまま通過した場合は道路交通法違反となり、反則金が課 せられるが、大津市内中心部でも一時停止しない車が目立つ。

  5. 凍結したフロントガラス、どうやって溶かす?

    23%が「お湯をかける」危険行為をしていると判明 。ウェザーニュースでアンケート調査を実施したところ、 「車のくもり止め機能(デフロスター)を使う」が45%と一番多くなっていま す。次いで、「お湯をかける」(23%)という人が多いようです。

  6. 新東名の一部区間、最高速度120キロに引き上げへ。3月1日から

     静岡県警は28日、新東名高速道 新静岡~森掛川インターチェンジ間の最高速度を3月1日から時速120キロに引き上げる試行を実施すると発表した。日本での高速道路は100km/hまでという常識が、初めて覆される。

  7. 高速道路に空いた穴をわずか「1分」で補修できるキットを開発

    ネクスコ中日本のグループ会社などが開発したのは「TOKE(とけ)・パック」。中にはアスファルトが入っていて、水に溶ける袋でパックされています。道路上に出来る穴=「ポットホール」を埋めるための補修材で、これを穴にいれて水をまき足で踏み固めるだけで、穴を埋めることが出来ます。

  8. ガソリン全国平均142円50銭。12週連続の値下がり

     経済産業省資源エネルギー庁が23日発表した21日時点のレギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均小売価格は、15日時点の前回調査と比べて30銭安い142円50銭だった。ハイオクは1リットル当たり20銭安い153円30銭、軽油は20銭安い123円60銭だった。

  9. スバル、国内生産止まる。電動パワステに不具合で納車遅れも

     影響はすでに1万台以上にのぼるスバルが16日夜から、国内唯一の完成車工場で昼夜2交代の生産体制をとっている群馬製作所(群馬県太田市)の操業を停止していることがわかった。日曜で休日だった20日を除き、22日まで生産は再開できておらず、23日も生産を止める。

  10. ナンバーを自動で読み取って車検切れを確認する装置で取締まり。徳島でも開始。

    全国でナンバーを自動で読み取って車検切れを確認する装置で取締まりが始まっていますが、徳島県でも実施が始まりました。開始早々の1時間で1台が処分を受けたとのことです。

  11. 自賠責保険料、2019年度は据え置き

     金融庁は16日、自動車や二輪車の保有者が加入を義務づけられている自動車損害賠償責任(自賠責)保険の審議会を開き、2019年度の保険料を18年度と同額に据え置くことを決めた。据え置きは2年連続となる。

ページ上部へ戻る