未分類

  1. 携帯電話など使用のながら運転は死亡事故の割合2倍

     警察庁によりますと、携帯電話で通話したり、カーナビやメールの画面を注視したりしながら車を運転する「ながら運転」による交通事故は去年、全国で2790件に上りました。 前の年に比べて42件減ったものの、スマートフォンの普及などを背景にこの10年間で倍増しています。

  2. 「自動ブレーキ」の新車搭載を義務付ける国際基準案で合意

    国連欧州経済委員会は12日、日本、欧州連合(EU)など約40カ国・地域が、車の衝突を回避する「自動ブレーキ」の新車搭載を義務付ける国際基準案で合意したと発表した。6月に採択し、来年初めにも発効の予定。ルールを統一し、国際的に事故防止に役立てる。

  3. 自動運転車の工場新設へ グーグル系、米中西部で

     米グーグル系の自動運転車開発会社ウェイモは22日、米中西部ミシガン州に自動運転車の工場を新設する計画を発表した。昨年12月に自動運転車を使ったタクシーの有料サービスを西部アリゾナ州で始めており、生産を本格化させる。

  4. 次世代5G活用で自動運転。全国初、公道で実証実験

     愛知県は9日、次世代通信規格「5G」の実験無線局を活用し、無人の自動運転車2台を同時に遠隔操作する実証実験を一宮市の公道で行った。県によると、5Gを活用した公道での遠隔型自動運転の実験は全国で初めて。

  5. 車の事故をAIが過失判定。支払いも最短1週間で

      損害保険ジャパン日本興亜は自動車事故の過失割合を人工知能(AI)が自動算出するシステムを年内にも導入する。ドライブレコーダーで撮影した映像から交通事故の状況を再現。AIが過去の事故データや判例も踏まえて分析する。 故発生から保険金支払いまでの期間は従来の2カ月から最短で約1週間に短縮する。

  6. カナダ 駐車場で車のキーが機能しなくなり アラームが鳴り響く現象が

    数週間にわたり発生中。政府が調査するも原因不明。食品店の駐車場である日突然、キーが機能しなくなり、車は動かず、理由もなくアラームが鳴り響いて止まらなくなるという自体が発生しました。謎の現象が発生している食品店の近くには、2018年末に新しく食品店が建てられました。

  7. 車検査不正 罰則を強化 国交省、問題多発で方針

    自動車の出荷前の完成車検査で不正が相次いだことを受け、国土交通省は罰則を強化する方針を8日までに固めた。通常国会に道路運送車両法の改正案を提出する方針。是正の命令に応じない場合に罰則を導入するなど、強制力を持たせた措置を可能にすることで再発防止を図る。

  8. ドライブレコーダーの死角「SDカード」に要注意!

    ドライブレコーダーの死角「SDカード」に要注意!  「録画できていない」トラブル増加のワケ |ドライブレコーダーの出荷台数は2017年度上半期に約85万台でしたが、下半  期には一気に約182万台まで増加、2018年度上半期も約165万台で推移しています。

  9. 高齢ドライバーの4割「自分は高速道路で逆走しないと思う」

    高齢ドライバーの4割「自分は高速道路で逆走しないと思う」 「免許を返納しても良いと思う年齢」、平均は79.1歳 年齢が上がるにつれ「運転に自信ある」の割合増加。NEXCO東日本は2月6日、「車の運転に関する意識調査」の結果を発表した。

  10. 次世代自動車ならロータスクラブへ

    全国1,650社(約2,000店)の自動車整備会社が加盟する団体『全日本ロータス同友会』(通称:ロータスクラブ、会長:成毛 政孝)は、2016年より独自の『LOTAS次世代自動車取扱認定制度』を設け、加盟企業がEV・PHVなど次世代車の整備・点検を行う体制作りを行ってきました。

  11. 舛添要一前東京都知事、最高速120kmにコメント

    舛添要一前東京都知事(70)が1日、ツイッターを更新。高速道路の一部区間で最高速度が国内で 初めて時速120キロに引き上げられる話題に言及した。 新東名高速道路の新静岡インターチェンジ(IC)―森掛川IC間と、東北道自動車道の花巻南IC―盛岡南IC間で3月から実施される。

ページ上部へ戻る