ブログ

2億2500万台のスマホが一斉に警報?!

先週、10月3日水曜日の午後2時過ぎ。
全米のスマホが一斉に警告音を発しました。

この時、Amber Alert(近所で誘拐とか、または大雨洪水等の警報の時に発報さ
れる)警告音と同じだったので、会議中だった私は同僚と「あーまた誘拐か
なぁ? 天気はいいもんね」 …とお互いのiPhoneを取り出してみたら、
そこには「Presidential Alert」の文字が…。

そうです、これは全米大統領警報システムのテストだったんです。

そういえばちょっと前に、そういうシステムが出来たようなニュースを見たこ
とがあるのですが、テストをするとかまでは知りませんでした。その警報には
「これは全米緊急事態警報のテストです。何もする必要はありません」と
(もちろん英語で)書かれていました。

この警報の2分後には、テレビとラジオでも同様な一斉警報のテストが実施さ
れ、スマホを持たない人でもできるだけ多くの人に警報が届くようなシステム
になっているようでした。

日本でも緊急地震速報や、全国瞬時警報システム(Jアラート)があるように
北米でも同様なシステムが構築されつつあります。ところが今回の警報テスト
を受けて、大統領が全米のスマホにメッセージを送ることができると勘違いし
た人たちも多くいて、一時期ツイッターとかではそれを野次った書き込みが
沢山見受けられました。(実際は大統領個人が発する訳ではないけど、「大統領
警報」と書かれているので勘違いしやすい)実際にテレビなどでやってたのは
「大統領警報: ビッグマック2つ、Lサイズのポテトにフィレオフィッシュの方、
早く取りに来てー!」なーんてパロディで笑いを取ってました。
ドリンクいらないのか? とか。

トランプ大統領が普段ツイッターでやらかすことも多いので、こんなパロディ
がウケちゃうんですよね。

本当は全米に対する緊急事態の為のシステムなのですけど、ほんとこの国の人
たちはどこまで真剣なのかよくわかりません(笑)。テレビのレイトショー見て
て笑わせてもらいました。

このメッセージ受けたくない人はエアプレーンモードにしておくことを勧める
なんて、テレビで言います?(笑)

こういうシステムが実際に稼働しなくてもいい世の中だと、嬉しいんですけど

それにしてもあの警告音は心臓によくない…。

  • 2億2500万台のスマホが一斉に警報?! はコメントを受け付けていません。
  • 未分類
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

NEWS

  1. 12.122018

    冬タイヤへの履き替えはお済みですか?

    冬タイヤへの履き替え、承ります。1台2,400円です。降雪は突然やってきます。早めに準備しましょうね。

  2. 12.92018

    不要になったお車処分致します

    廃車するには費用がかかるし、あまり乗らないのに所有していても税金がかかってしまう。お引取りし、抹消処分を代行致します。

  3. 12.82018

    スズキ、”大人かわいい”特...

     シックでクールな印象の中に女性らしいかわいさを演出スズキは12月6日、軽乗用車「ラパン」の特別仕様車「モード」を発売した。

BLOG

ページ上部へ戻る