ブログ

電気自動車も夏ばて?  急速充電しても低速充電に。

今年の夏の暑さで日産リーフが夏バテになっている。知人の新型リーフは自
宅で満充電して気温35度の中、200km走行。出先の日産ディーラーで急速充
電すると、30分掛かって半分にもならなかったという。ディーラーに聞いた
ら「暑い日はこういった状況になるんです」。困惑している感じだったそう
な。リーフの夏ばて症状、どうやら多数発生しているようだ。

7月下旬から日産のリーフ相談窓口はほとんど電話が繋がらない状況。こう
書くと「他の電気自動車も同じですか?」と思うかもしれない。実はリーフ
以外の電気自動車やPHV(電気自動車としても使えるプラグインハイブリッド
車)の場合、走行用のリチウムイオン電池を冷却するシステムが付いており、
気温上昇しても一定の温度以上にならないよう保護されている。

そこで日産は外部の熱に影響を受けないよう、バッテリーを断熱構造にした。
暑い夏でも夜間に気温30度を超えることは希。夜間に気温25度くらいまで下
がれば、200Vの普通充電だと充電による温度上昇も無い。昼間は断熱構造に
しているため外部からの熱による上昇を問題無いレベルに抑えられ、結果、
バッテリー温度を30~45度くらいでキープ出来ると判断したのだろう。

しかし今年の夏は強烈。夜間でも連日気温30度程度までしか落ちず、加えて
炎天下で60度近くなった道路からは大量の遠赤外線が出る。その上、外気温
35度の路面から20cm上のバッテリー搭載位置は気温50度近い。こうなると
バッテリー温度が全く下がらなくなってしまう。急速充電すると、イッキに
5~8度くらいバッテリー温度が上がり万事窮す。

参考までにリーフはバッテリー温度が上昇すると、自動的に出力を落とす制
御を行う(大雑把に言えば平坦な高速道路で100km/h程度。登り坂や向かい風
になると80km/h)。走行不能になる、といった報告は無し。故障ではないた
めバッテリー温度が下がれば元の性能に戻るが、急速充電したり路面温度高
いと長い時間パワー制限になる可能性も。バッテリー寿命を落とす可能性も出
てくる。

いずれにしろ日産が顧客やメディアに対しバッテリーの情報を全く出さない
ため、詳細はわからない。冷却問題も以前から日産の広報に問い合わせている
のだけれど「技術部門から回答がありません」とのこと。

  • 電気自動車も夏ばて?  急速充電しても低速充電に。 はコメントを受け付けていません。
  • 未分類
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

NEWS

  1. 8.142018

    クルマ長持ちの必須条件。少なくてもエンジンオイル交...

     エンジンオイル交換◆最高級 SL オイル使用! ◆ 5 千 km ごとの交換がベスト!◆フィルターはエンジンオイル交換は ...

  2. 8.132018

    11日(土)~16日(木)お盆休みとさせて頂きます...

    日頃のご愛顧ありがとうございます。標記期間中を夏季休暇とさせていただきます。お電話は繋がります。17日(金)9時から通常営業いたします。よろしくお願い致します。

  3. 8.122018

    決定的瞬間を鮮明保存!当社お奨めDrivePro1...

      決定的瞬間を鮮明に保存する、お財布に優しいイチオシドラレコです。

BLOG

ページ上部へ戻る