ブログ

新元号で運転免許証はこう変わる

新元号「令和(れいわ)」に構える。5月1日の改元控え 、免許証の変更が着々と移行進む。今春から有効期限が西暦と元号の併記になった運転免許証でも、システム改修が必要になるため「平成」との併記は4月28日の交付までで、新元号の記載は早ければ5月5日からとなる見込み。併記の免許証は3月15日、全国で初めて警視庁で交付が始まり、大阪府警では4月1日の交付からスタート予定。新元号:運転免許証の表記は西暦と元号の併記に。運転免許証の有効期限の表記は、以前は元号で表記されていましたが、この春から西暦と元号を併記する様式に変わることになり、すでに多くの都道府県でシステムの改修が行われています。 今月30日よりも前に、免許証を取得したり、更新したりした場合、交付の年月日は平成31年、有効期限は期限が5年の人の場合、西暦2024年の右側に、かっこ書きで平成36年と併記されます。 来月1日以降の場合は、交付の年月日は「令和」で表記され、有効期限は西暦と、かっこ書きで「令和」を併記する形になります。 ただ、来月1日から4日までは、運転免許センターなどの窓口が祝日や土曜日などで休みとなるため、「令和」と表記された運転免許証を取得したり、更新したりできるのは、早くても5月5日の日曜日以降になります。

  • 新元号で運転免許証はこう変わる はコメントを受け付けていません。
  • 未分類
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

NEWS

  1. 4.42019

    4月号ニュースレターです。

    おかげさまでご好評をいただいています「わくわく通信4月号」をお届けします。

  2. 4.12019

    【求人情報】スタッフ募集 60才以上でも歓迎

    ●フロントスタッフ ●工場スタッフ ●アシスタントスタッフ時給900円~ 出勤日は応相談 ※駐車場は敷地内...

  3. 3.242019

    車検はやっぱり国の指定工場が安心です

    車検を受けつけているお店はたくさんありますが、国交省の指定工場だから安心安全をばっちり確保。国の指導の元、交通の安全にもお役にたたせて頂いています。

BLOG

ページ上部へ戻る