ブログ

英空港が駐車ロボットを試験導入、収容台数1.2倍に

英国の空港で、旅行者の自動車を駐車させるロボットの3カ月にわたる試験が始まる。ロボットの導入で、これまでよりも数千台多い車が駐車できるようになる予定だ。 英ガトウィック空港が2019年8月から試験導入するサービスでは、ドライバーは空港近くの降車場に車を置き、近くのタッチ・スクリーン端末を使ってロボットを呼び出す。すると、ロボットはアプリケーションの計画に沿って、270台分の試験用駐車スペースの1つに車を運ぶ。 「スタン(Stan)」と呼ばれるこのロボットは、車の前面に移動してフォークリフトのように車を持ち上げて運ぶ。ドライバーは鍵を渡す必要はない。旅行者はフライトの詳細を伝えておき、旅行から戻ったらロボットは自動的に車を持ち主に戻す。人間とは違ってロボットは車に乗り降りする必要がないので、両サイドの空間も必要がなくなる。つまり、車をより隙間なく詰め込めるわけだ。ガトウィック空港は、駐車スペースを拡張することなく、駐車台数を6000台から8500台に増やし、ロボット駐車係に維持管理を任せるつもりだ。

  • 英空港が駐車ロボットを試験導入、収容台数1.2倍に はコメントを受け付けていません。
  • 未分類
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

NEWS

  1. 2.172019

    自信をもってお奨めする車検!安さだけの何もやらない...

    2年に1度の車検整備なのに、検査を通すだけの車検が増えてます。大切な命を乗せて走る自動車だからこそ、安全を第一に考えた車検です。クルマの寿命も確実に伸びます。

  2. 2.162019

    ザーレンオイルの凄さ、体感してみませんか?

    世界でもトップレベルのエンジンオイルのザーレン。パワーや燃費がアップします。もちろん、エンジンの耐久性もアップ。

  3. 2.152019

    しっかりと気持ち良くブレーキが効くように

    ブレーキディスクローターの研磨をお奨めしています。ブレーキディスクパッドがなくなる前に、ディスクローターは偏摩耗しがちです。

BLOG

ページ上部へ戻る