ブログ

自賠責保険料、2019年度は据え置き

 金融庁は16日、自動車や二輪車の保有者が加入を義務づけられている自動
車損害賠償責任(自賠責)保険の審議会を開き、2019年度の保険料を18年度
と同額に据え置くことを決めた。据え置きは2年連続となる。

19年度は自家用車(2年契約、沖縄・離島を除く)で2万5830円、軽自動車で
2万5070円とする。19年10月に消費増税が予定されているが、保険料本体
は非課税のため影響はない。

16日の審議会では、19年度の支払保険金が7742億円と18年度比0.6%減る
一方、収入純保険料も7712億円と0.1%減る見通しを公表した。

17年度には自動安全ブレーキなど運転支援技術の普及で事故が減っている
ことから自賠責保険料を平均6.9%下げたが、19年度は2年連続で据え置く。

  • 自賠責保険料、2019年度は据え置き はコメントを受け付けていません。
  • 未分類
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

NEWS

  1. 8.62019

    8月号ニュースレターをお届けします。

    暑い夏、いかがお過ごしですか?言葉や想いの力は大きいそうですね。予祝をするとそれが現実になるとか・・・、見えない力が本当にあるかも知れません。

  2. 6.12019

    6月号ニュースレターをお届けします。

     今月のテーマは「心」ですかねぇ。世の中で発生している事象は、人の心から生まれているとも言われています。やはり「心が先行する!」ですよね。

  3. 4.42019

    4月号ニュースレターです。

    おかげさまでご好評をいただいています「わくわく通信4月号」をお届けします。

BLOG

ページ上部へ戻る