ブログ

経産省、スマホで決済「新たな電子マネー」の立ち上げ検討

地方交通で統一「QRコード」決済。キャッシュレス普及でSuica代替

経済産業省は、新たなキャッシュレス普及策として、地方の鉄道やバスなどの
料金支払いを統一規格の「QRコード」決済で行えるようにする検討を始めた。

実現すれば、事業者の違う交通機関でも、スマートフォンで簡単に運賃を支
払えるようになる。税の納付や病院での医療費支払いなどを可能にする仕組み
作りも視野に入れる。

地方の金融機関が現金自動預払機(ATM)などを減らす中、現金を下ろさなくて
も生活できる環境づくりを目指す。

QRコード決済は、スマホに決済アプリをダウンロードし、店や客のコードを読
み取って利用する。アプリと連動させた決済口座から料金を引き落とすため、
年金や給与の振込先を決済口座に指定すれば、バス代や買い物など日々の生活
費の支払いをスマホ1台で行うことができ、ATMで現金を下ろさず生活できる。

JR東日本の「Suica」や首都圏の私鉄各社の「PASMO」といった交通系電子マネー
は、既に普及が進んでいる。しかし、資本力の弱い地方の交通事業者がこれら
のカードを利用可能にするには、費用負担の大きさが課題だ。その点QRコード
は、利用者自身のスマホを活用するため、設備投資コストを大幅に圧縮できる。

  • 経産省、スマホで決済「新たな電子マネー」の立ち上げ検討 はコメントを受け付けていません。
  • 未分類
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

NEWS

  1. 8.62019

    8月号ニュースレターをお届けします。

    暑い夏、いかがお過ごしですか?言葉や想いの力は大きいそうですね。予祝をするとそれが現実になるとか・・・、見えない力が本当にあるかも知れません。

  2. 6.12019

    6月号ニュースレターをお届けします。

     今月のテーマは「心」ですかねぇ。世の中で発生している事象は、人の心から生まれているとも言われています。やはり「心が先行する!」ですよね。

  3. 4.42019

    4月号ニュースレターです。

    おかげさまでご好評をいただいています「わくわく通信4月号」をお届けします。

BLOG

ページ上部へ戻る