ブログ

空飛ぶ車、民間企業が事業構想

政府は2日、人を乗せて空を移動する「空飛ぶ車」の実用化を目指す官民協
議会の第2回会合を東京都内で開いた。民間企業が関連技術の開発状況や配
送や観光に活用する事業構想を報告した。協議会は2020年代の実現に向け、
法制度の整備や研究開発支援の在り方を議論。18年中に工程表をまとめて開
発を加速する。

空飛ぶ車は電動で垂直に離着陸し、自動運転により飛行する車体を想定。
SUBARU(スバル)はヘリコプターの製造技術を生かし、人工知能(AI)などを
使って安全性を確保すると説明。川崎重工業は30年代に完全自動運転で荷物
と旅客の運送ができる車体の開発を目指すとした。

  • 空飛ぶ車、民間企業が事業構想 はコメントを受け付けていません。
  • 未分類
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

NEWS

  1. 8.62019

    8月号ニュースレターをお届けします。

    暑い夏、いかがお過ごしですか?言葉や想いの力は大きいそうですね。予祝をするとそれが現実になるとか・・・、見えない力が本当にあるかも知れません。

  2. 6.12019

    6月号ニュースレターをお届けします。

     今月のテーマは「心」ですかねぇ。世の中で発生している事象は、人の心から生まれているとも言われています。やはり「心が先行する!」ですよね。

  3. 4.42019

    4月号ニュースレターです。

    おかげさまでご好評をいただいています「わくわく通信4月号」をお届けします。

BLOG

ページ上部へ戻る