ブログ

燃費表示、10月以降に発売される新型自動車から国際方式

JC08モード → WLTCモード。実態反映、現行より3割悪化も

10月に表示が義務化されるWLTCモードは、国連のルールに基づく世界共通の
燃費測定方法。市街地や郊外、高速道路の走行を想定した三つの数値とそれ
らの総合値を表示する。装置上で計測する点は同じだが、エンジンが冷えた
状態で測定を始めるなど、現行方式より条件が厳しい。

ダイハツ工業の軽自動車「ミライース」は、新方式の総合値が最高25.0キロ
と、現行方式の同35.2キロから29%下がる場合がある。トヨタ自動車の高級
車「クラウン」の一部グレードでは、新方式が20.0キロ、現行方式は24.0キ
ロと17%悪化する。

一方、マツダのセダン「アテンザ」のガソリン車は新旧の差が10%以下。ト
ヨタの小型車「カローラスポーツ」のマニュアル車の一部は、新方式の方が
燃費がいい。車種によっては新旧の燃費が当面併記されるため、車を選ぶ際
は注意が必要だ。

  • 燃費表示、10月以降に発売される新型自動車から国際方式 はコメントを受け付けていません。
  • 未分類
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

NEWS

  1. 12.152018

    「今月のニュースレター」12月号アップしました。

    遅くなりました。12月号をアップしました。今月も心に染みるお話を探してみました。1年間ご購読ありがとうございました。

  2. 12.122018

    冬タイヤへの履き替えはお済みですか?

    冬タイヤへの履き替え、承ります。1台2,400円です。降雪は突然やってきます。早めに準備しましょうね。

  3. 12.92018

    不要になったお車処分致します

    廃車するには費用がかかるし、あまり乗らないのに所有していても税金がかかってしまう。お引取りし、抹消処分を代行致します。

BLOG

ページ上部へ戻る