ブログ

次世代5G活用で自動運転。全国初、公道で実証実験

 愛知県は9日、次世代通信規格「5G」の実験無線局を活用し、無人の自動運転車2台を同時に遠隔操作する実証実験を一宮市の公道で行った。県によると、5Gを活用した公道での遠隔型自動運転の実験は全国で初めて。5Gの活用でこれまでより大容量のデータをやりとりできるため、速いスピードであっても安全に走行できるという。実験には大村秀章知事らも参加し、自動運転技術をPRする。実験では、トヨタ自動車のミニバン「エスティマ」を2台使用。1台は5Gに、もう1台は現行の通信規格4Gに対応する。運転席は無人の状態で2台を同時に走らせ、遠くにいる1人の運転手が車内に搭載したカメラから送られる映像を見ながら同時に操作。4Gは最大時速約20キロに対し、5G対応の車は同約30キロで走行する。

  • 次世代5G活用で自動運転。全国初、公道で実証実験 はコメントを受け付けていません。
  • 未分類
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

NEWS

  1. 4.42019

    4月号ニュースレターです。

    おかげさまでご好評をいただいています「わくわく通信4月号」をお届けします。

  2. 4.12019

    【求人情報】スタッフ募集 60才以上でも歓迎

    ●フロントスタッフ ●工場スタッフ ●アシスタントスタッフ時給900円~ 出勤日は応相談 ※駐車場は敷地内...

  3. 3.242019

    車検はやっぱり国の指定工場が安心です

    車検を受けつけているお店はたくさんありますが、国交省の指定工場だから安心安全をばっちり確保。国の指導の元、交通の安全にもお役にたたせて頂いています。

BLOG

ページ上部へ戻る