ブログ

東芝が新型リチウム電池を開発。6分充電でEV320キロ走行!

これまでの約3倍。充放電5千回でも電池の容量9割維持。東芝は26日、急速充電が可能で、長寿命の新型リチウムイオン電池を開発したと明らかにした。小型の電気自動車(EV)の場合、6分の充電で従来に比べ約3倍の320キロを走行できるという。2020年代前半の量産を目指す。充放電を5000回繰り返しても、電池の容量を9割以上維持することを確認。長寿命化により中古EVの価値も大幅には低下しなくなり、担当者は「利便性と経済性を両立する電池だ」とアピールしている。 |  レアメタル(希少金属)の「ニオブ」を材料の一つとする酸化物を電池の負極  に使い、高容量化を実現した。ニオブは、耐久性を高める目的で自動車鋼材の添加剤などに用いられている。新型電池の量産化に向け、ブラジルの鉱山会社や双日と負極材の共同開発を始めた。

  • 東芝が新型リチウム電池を開発。6分充電でEV320キロ走行! はコメントを受け付けていません。
  • 未分類
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

NEWS

  1. 8.62019

    8月号ニュースレターをお届けします。

    暑い夏、いかがお過ごしですか?言葉や想いの力は大きいそうですね。予祝をするとそれが現実になるとか・・・、見えない力が本当にあるかも知れません。

  2. 6.12019

    6月号ニュースレターをお届けします。

     今月のテーマは「心」ですかねぇ。世の中で発生している事象は、人の心から生まれているとも言われています。やはり「心が先行する!」ですよね。

  3. 4.42019

    4月号ニュースレターです。

    おかげさまでご好評をいただいています「わくわく通信4月号」をお届けします。

BLOG

ページ上部へ戻る