ブログ

携帯電話など使用のながら運転は死亡事故の割合2倍


 警察庁によりますと、携帯電話で通話したり、カーナビやメールの画面を注視したりしながら車を運転する「ながら運転」による交通事故は去年、全国で2790件に上りました。 前の年に比べて42件減ったものの、スマートフォンの普及などを背景にこの10年間で倍増しています。 また、「ながら運転」による死亡事故は42件起きていて、死亡事故に至った割合は、「ながら運転」以外のときに比べて2倍も高くなっていました。危険を察知したり、回避したりする動作が遅れて、車の速度が十分に落ちないまま事故に至ってしまったケースが多いためとみられるということです。 警察庁はこうした事故を防ぐため、今の通常国会に「ながら運転」の罰則を強化した道路交通法の改正案を提出することにしています。

  • 携帯電話など使用のながら運転は死亡事故の割合2倍 はコメントを受け付けていません
  • 未分類
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

NEWS

  1. 8.62019

    8月号ニュースレターをお届けします。

    暑い夏、いかがお過ごしですか?言葉や想いの力は大きいそうですね。予祝をするとそれが現実になるとか・・・、見えない力が本当にあるかも知れません。

  2. 6.12019

    6月号ニュースレターをお届けします。

     今月のテーマは「心」ですかねぇ。世の中で発生している事象は、人の心から生まれているとも言われています。やはり「心が先行する!」ですよね。

  3. 4.42019

    4月号ニュースレターです。

    おかげさまでご好評をいただいています「わくわく通信4月号」をお届けします。

BLOG

ページ上部へ戻る