ブログ

信号のない横断歩道を歩行者が渡ろうとしていても停まらない車が92%

警察は取締りを強化へ。秋田県

JAFはことし8月から1か月間、信号機のない横断歩道で車が歩行者を優先した
運転をしているか、全国94か所で調査を行い、秋田県内では2か所が対象にな
りました。その結果、これらの横断歩道では、92.4%の車が歩行者が道路を渡
ろうとした際に一時停止せずに通過したという。これは全国平均を1%上回って
いて、最も一時停止する割合が高かった長野県を51%上回っています。

道路交通法では、歩行者が信号機のない横断歩道を渡ろうとしているときは、
車は停止して歩行者の横断を妨げてはならないと定められていて、警察は、交
通違反の取り締まりを強化していくことにしています。

  • 信号のない横断歩道を歩行者が渡ろうとしていても停まらない車が92% はコメントを受け付けていません。
  • 未分類
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

NEWS

  1. 8.62019

    8月号ニュースレターをお届けします。

    暑い夏、いかがお過ごしですか?言葉や想いの力は大きいそうですね。予祝をするとそれが現実になるとか・・・、見えない力が本当にあるかも知れません。

  2. 6.12019

    6月号ニュースレターをお届けします。

     今月のテーマは「心」ですかねぇ。世の中で発生している事象は、人の心から生まれているとも言われています。やはり「心が先行する!」ですよね。

  3. 4.42019

    4月号ニュースレターです。

    おかげさまでご好評をいただいています「わくわく通信4月号」をお届けします。

BLOG

ページ上部へ戻る