ブログ

ドライバーの7割超があおり運転を経験

チューリッヒ保険は9月7日、「あおり運転」の実態調査の結果を発表した。
1週間に1回以上運転している全国のドライバー2230人のうち70.4%があおり
運転をされた経験があると答えた。

具体的な内容を複数回答で聞くと、「車体を接近させて、もっと早く走るよ
う挑発された」が78.5%で最も多く、「車体を接近させて、幅寄せされた」
が21%、「必要のないハイビームをされた」が19.8%だった。

自由回答には、「信号で停車したら、そのあとずっと左右にあおられた」
(女性、46歳)、「パッシングしながら追跡してきた」(男性、53歳)といった
体験談も寄せられた。中には、かなり悪質なものもあった。

「追い越して前方停止で進路をふさがれた。千円を搾取された」(男性 56歳)

「オープンルーフから物を投げつけられた。最後は空ビンでフロントガラス
にひびが入った」(女性 62歳)

次に、あおられた車とあおってきた車の車種やカラーを聞いた。あおられた
時に載っていた車は「軽自動車」(28.8%)、「コンパクトカー/ハッチバック」
(22.8%)と小ぶりな車が多かった。色も「ホワイト」(26.3%)、「シルバー」
(25.8%)といった白系のカラーが過半数となった。

一方、あおってきた車は「セダン」(33.5%)、「バン/トラック」(18.3%)と
大きめの車が多く、色は「ブラック」が27.8%で最多だった。

あおり運転をされたきっかけとして思い当たる行動を複数回答で聞いたとこ
ろ、1番多かったのは「車線変更をした」(17.7%)で、「追い越し車線を走り
続けた」(15.3%)、「法定速度を守って走っていた」(14.5%)が続いた。

あおられた時に取った対処方法を複数回答で聞くと、「道を譲った」が
57.0%、「何もしなかった」が16.6%、「路肩に停車した」が10.0%だった。
「警察に通報した」はわずか1.8%だった。

  • ドライバーの7割超があおり運転を経験 はコメントを受け付けていません。
  • 未分類
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

NEWS

  1. 3.192019

    知る人ぞ知る「ザーレンオイル」取り扱っています。

     世界でもトップレベルのエンジンオイルのザーレン。。パワーや燃費がアップします。もちろん、エンジンの耐久性もアップ。

  2. 3.152019

    車検もいろいろ。国交省関東運輸局の指定工場は、安心...

    当社は、国から車検整備の指定を受けた整備工場です。ちょっとだけ車検のしくみのご説明です。車検は、「24ヶ月法定点検整備」と「保安基準適合検査」とで成り立っています。

  3. 3.82019

    ヘッドランプの透明感が蘇ります!

      表面コート剤劣化による白化・黄ばみをクリーニング。

BLOG

ページ上部へ戻る