ブログ

トヨタ・ソフトバンク、相乗り通勤シャトル実証試験

 トヨタ自動車とソフトバンクの共同出資会社「モネ・テクノロジーズ」と三菱地所は25日、東京・丸の内への「オンデマンド通勤シャトル」を報道陣に公開した。スマートフォンのアプリを活用し、複数人を自宅近くから勤務地の付近まで相乗りで送迎する。26日から実証実験を始め、車内環境の快適さやルート設定の妥当性など、サービスを検証していく。実験で使う車両は「ビジネスパーソン」と「ワーキング・ママ」向けを用意した。日本交通などが協力し、朝と夜の時間帯に複数回に分けて運行。3月22日まで実証実験を行う。モネ・テクノロジーズはトヨタとソフトバンクから約70人が出向し、2月から事業を本格的に開始した。丸の内のほか、愛知県豊田市でも27日から実証実験を始める計画だ。同市に加え、横浜市や名古屋市など17自治体と連携を決めており、全国各地でのサービスの開始を目指す。
 車の後部座席には最大で4人が乗ることができ、車内で仕事もできるように無線通信=Wi-Fiにつながり、小型の机も備え付けられています。実験には、東京 丸の内のオフィス街で働く80人が参加し、専用のアプリで車を予約し通勤などに利用します。実験は1か月間で、得られた走行データをAI=人工知能を使った効率的な配車システムの開発に生かすほか、車内で求められるサービスも検証するということです。
 トヨタ自動車とソフトバンクの共同出資会社「モネ・テクノロジーズ」と三菱地所は25日、東京・丸の内への「オンデマンド通勤シャトル」を報道陣に公開した。スマートフォンのアプリを活用し、複数人を自宅近くから勤務地の付近まで相乗りで送迎する。26日から実証実験を始め、車内環境の快適さやルート設定の妥当性など、サービスを検証していく。実験で使う車両は「ビジネスパーソン」と「ワーキング・ママ」向けを用意した。日本交通などが協力し、朝と夜の時間帯に複数回に分けて運行。  3月22日まで実証実験を行う。
 モネ・テクノロジーズはトヨタとソフトバンクから約70人が出向し、2月から事業を本格的に開始した。丸の内のほか、愛知県豊田市でも27日から実証実験を始める計画だ。同市に加え、横浜市や名古屋市など17自治体と連携を決めており、全国各地でのサービスの開始を目指す。
 車の後部座席には最大で4人が乗ることができ、車内で仕事もできるように無線通信=Wi-Fiにつながり、小型の机も備え付けられています。実験には、東京丸の内のオフィス街で働く80人が参加し、専用のアプリで車を予約し通勤などに利用します。実験は1か月間で、得られた走行データをAI=人工知能を使った効率的な配車システムの開発に生かすほか、車内で求められるサービスも検証するということです。

  • トヨタ・ソフトバンク、相乗り通勤シャトル実証試験 はコメントを受け付けていません
  • 未分類
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

NEWS

  1. 8.62019

    8月号ニュースレターをお届けします。

    暑い夏、いかがお過ごしですか?言葉や想いの力は大きいそうですね。予祝をするとそれが現実になるとか・・・、見えない力が本当にあるかも知れません。

  2. 6.12019

    6月号ニュースレターをお届けします。

     今月のテーマは「心」ですかねぇ。世の中で発生している事象は、人の心から生まれているとも言われています。やはり「心が先行する!」ですよね。

  3. 4.42019

    4月号ニュースレターです。

    おかげさまでご好評をいただいています「わくわく通信4月号」をお届けします。

BLOG

ページ上部へ戻る