ブログ

シフトレバーはもはや不要?。広まる「プリウス式」、全スイッチ化も

ハイブリッド車や電気自動車の台頭と歩調を合わせるように、シフトレバーの
小型化が進んでいます。なかにはレバーを全くなくしてしまった車種もありま
す。

HVのみ設定されているホンダの現行「アコード」は、「D」も「R」も「N」も、
さらにはパーキングブレーキさえも、それぞれコンソール部に設けられたスイ
ッチで操作するタイプ。この方式は2018年発売の「クラリティPHEV」などにも
採用されました。

新型「CR-V」では、ガソリン車はシフトレバー式のインパネシフトですが、HV
は同じ位置で「アコード」などと同様のボタン式としています。

ちなみに、メルセデス・ベンツなど輸入車でもシフトレバーが小型化していま
す。ベンツの場合、コラムシフトではあるものの、ウインカーレバーよりも小
さいシフトレバーが多くの車種で採用されています。ウインカーと同じ感覚で
操作できますが、ウィンカーを出そうとして誤ってシフトレバーを操作し、
「N」や「R」レンジに切り替わってしまうケースも。操作に慣れるまでは注意
が必要かもしれません。

  • シフトレバーはもはや不要?。広まる「プリウス式」、全スイッチ化も はコメントを受け付けていません。
  • 未分類
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

NEWS

  1. 1.172019

    全労済に加入されている方へ。お得な情報です♪

    当社は、全労済の車検や整備・板金塗装の指定工場です。いよいよ組合員限定、お得な車検キャンペーンが始まります。

  2. 1.162019

    やはり「リースでクルマに乗る!」はリーズナブルな新...

    リースは期間満了後の残存価格(価格)を車両本体価格から差し引いた金額でリース料を設定するため、ローンより定額で新車に乗れます。

  3. 1.82019

    自信をもってお奨めする車検!安さだけの何もやらない...

    2年に1度の車検整備なのに、検査を通すだけの車検が増えてます。大切な命を乗せて走る自動車だからこそ、安全を第一に考えた車検です。クルマの寿命も確実に伸びます。

BLOG

ページ上部へ戻る