ブログ

シフトレバーはもはや不要?。広まる「プリウス式」、全スイッチ化も

ハイブリッド車や電気自動車の台頭と歩調を合わせるように、シフトレバーの
小型化が進んでいます。なかにはレバーを全くなくしてしまった車種もありま
す。

HVのみ設定されているホンダの現行「アコード」は、「D」も「R」も「N」も、
さらにはパーキングブレーキさえも、それぞれコンソール部に設けられたスイ
ッチで操作するタイプ。この方式は2018年発売の「クラリティPHEV」などにも
採用されました。

新型「CR-V」では、ガソリン車はシフトレバー式のインパネシフトですが、HV
は同じ位置で「アコード」などと同様のボタン式としています。

ちなみに、メルセデス・ベンツなど輸入車でもシフトレバーが小型化していま
す。ベンツの場合、コラムシフトではあるものの、ウインカーレバーよりも小
さいシフトレバーが多くの車種で採用されています。ウインカーと同じ感覚で
操作できますが、ウィンカーを出そうとして誤ってシフトレバーを操作し、
「N」や「R」レンジに切り替わってしまうケースも。操作に慣れるまでは注意
が必要かもしれません。

  • シフトレバーはもはや不要?。広まる「プリウス式」、全スイッチ化も はコメントを受け付けていません。
  • 未分類
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

NEWS

  1. 4.42019

    4月号ニュースレターです。

    おかげさまでご好評をいただいています「わくわく通信4月号」をお届けします。

  2. 4.12019

    【求人情報】スタッフ募集 60才以上でも歓迎

    ●フロントスタッフ ●工場スタッフ ●アシスタントスタッフ時給900円~ 出勤日は応相談 ※駐車場は敷地内...

  3. 3.242019

    車検はやっぱり国の指定工場が安心です

    車検を受けつけているお店はたくさんありますが、国交省の指定工場だから安心安全をばっちり確保。国の指導の元、交通の安全にもお役にたたせて頂いています。

BLOG

ページ上部へ戻る