ブログ

「軽」世帯普及、最高更新も伸び鈍化。100世帯で54.35台。2017年12月

全国軽自動車協会連合会が発表した2017年12月末時点の世帯当たりの軽自動
車普及台数は、100世帯に54.35台だった。

過去最高は更新したものの、昨年より0.01台の伸長にとどまり、伸び率は
鈍化している。保有台数が頭打ちの中で世帯数は増加しているためで、全軽
自協は「この流れが続けばマイナスに転じる可能性もある」との見通しを示
した。

世帯当たり普及台数は、車検を受けなかった車両の職権抹消をした1976年に
一度マイナスに転じたが、1977年からは42年連続で増え続けている。ただ、
伸長の幅は年々縮小しており、17年は77年以降で過去最低だった16年を更に
0.04台下回った。19年10月の消費増税の影響次第では減少に転じることも
考えられる。

地域別でみると、普及率が高いのは佐賀県、鳥取県、長野県の順番だった。
一方で、東京都、神奈川県、大阪府は普及率が最も低かった。100世帯当た
りの普及台数は、1位の佐賀県が103.6台、最下位の東京都が11.9台だった。

同調査は、総務省調べの「住民基本台帳世帯数」と国土交通省調べの「自動
車保有車両数」を元に算出した。世帯数は前年同期比39万2431世帯増の5661
万3999世帯、軽四輪車の保有台数は同21万9917台増の3077万1278台だった。

  • 「軽」世帯普及、最高更新も伸び鈍化。100世帯で54.35台。2017年12月 はコメントを受け付けていません。
  • 未分類
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

NEWS

  1. 1.172019

    全労済に加入されている方へ。お得な情報です♪

    当社は、全労済の車検や整備・板金塗装の指定工場です。いよいよ組合員限定、お得な車検キャンペーンが始まります。

  2. 1.162019

    やはり「リースでクルマに乗る!」はリーズナブルな新...

    リースは期間満了後の残存価格(価格)を車両本体価格から差し引いた金額でリース料を設定するため、ローンより定額で新車に乗れます。

  3. 1.82019

    自信をもってお奨めする車検!安さだけの何もやらない...

    2年に1度の車検整備なのに、検査を通すだけの車検が増えてます。大切な命を乗せて走る自動車だからこそ、安全を第一に考えた車検です。クルマの寿命も確実に伸びます。

BLOG

ページ上部へ戻る