ブログ

「自動運転」と云う言葉を今後使わないことをメーカーや国が決定

過信防止のため。今後は「運転支援」という呼び名に。

関係者によると、国内メーカー各社や国、専門家らが自動運転技術の安全性な
どを話し合う「先進安全自動車推進検討会」で10月に合意した。近く国土交通
省が公表する。

すでに「安全運転サポートカー(サポカー)」などとしている社もあるが、販売
の一部の現場では「自動運転」が強調され、改善の必要性が指摘されていた。
任意の取り組みのため罰則はないが、事実上の業界のルールとも言え、各社
や販売店は対応を始めている。

国交省によると、国は自動運転の技術を5段階に類別。完全な自動運転のレベ
ル5に対し、現在の市販車の技術は1か2のレベルだ。運転する責任は全面的に
ドライバーにあり、技術は運転の「支援」という位置づけになっている。

  • 「自動運転」と云う言葉を今後使わないことをメーカーや国が決定 はコメントを受け付けていません。
  • 未分類
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

NEWS

  1. 1.172019

    全労済に加入されている方へ。お得な情報です♪

    当社は、全労済の車検や整備・板金塗装の指定工場です。いよいよ組合員限定、お得な車検キャンペーンが始まります。

  2. 1.162019

    やはり「リースでクルマに乗る!」はリーズナブルな新...

    リースは期間満了後の残存価格(価格)を車両本体価格から差し引いた金額でリース料を設定するため、ローンより定額で新車に乗れます。

  3. 1.82019

    自信をもってお奨めする車検!安さだけの何もやらない...

    2年に1度の車検整備なのに、検査を通すだけの車検が増えてます。大切な命を乗せて走る自動車だからこそ、安全を第一に考えた車検です。クルマの寿命も確実に伸びます。

BLOG

ページ上部へ戻る