ブログ

「いただく」「頂く」「戴く」はどう使い分けるの?

「いただく」の意味

「いただく」には、「自分より上のものを敬って迎える」、「あたまにのせる・かぶせる」といった意味があります。

また、「もらう」の謙譲語や「食べる・飲む」の謙譲語としても使われます。

その他、「苦労もなく手に入れる」(この試合は頂いたも同然だ)、「しかられる」(お小言を頂く)といった意味もあります。

「頂く」と「いただく」漢字とひらがなの違いと使い分け

「いただく」の漢字とひらがなにはそれぞれ別の意味があり、漢字とひらがなを使い分ける必要があります。

漢字で「頂く」と書き表すのは、「食べる・飲む」の謙譲語と、「もらう」の謙譲語として使用する場合です。

ひらがなの「いただく」の場合は、「ご覧いただく」「お越しいただく」など補助動詞としての役割のときに使用します。
補助動詞の「いただく」は文部科学省によってひらがなで表記すると定められているのです。
動詞に付属して「いただく」と使う場合は、ひらがなで表記しましょう。

例えば、多くの人が「ご覧頂く」「お越し頂く」というふうに漢字で表記しがちですが、本来は「ご覧いただく」「お越しいただく」と表記するのが適切です。

「頂く」と「戴く」の違いと使い分け

さらに「いただく」の漢字には、「頂く」と「戴く」の二種類があります。

「頂く」は、前述したように「食べる・飲む」の謙譲語、「もらう」の謙譲語として使用します。
「頂く」は常用漢字であり、普段書面ではこちらを使うことが多いです。

「戴」には「面を持ち上げてかぶせる」「頭に物をのせる」という意味があります。
「戴く」にも「頂く」と同様の意味が含まれますが、主に対象が自分より非常に上である場合や、物品や品物に関わる時に使用されます。
「もらい物」という意味での「戴き物」にはこちらの漢字を使用します。
「戴く」は常用外漢字のため、通常はあまり使うことはありません。

使い分けの例として、
お菓子を頂く・・・(自分が)お菓子を食べる
お菓子を戴く・・・お菓子をありがたく受け取る

と、漢字1つ違うだけで意味が変わってきます。
また、両方の漢字を組み合わせた「頂戴」という単語は、「頂く」「戴く」という言葉以上にうやうやしさが深まります。

 

  • 「いただく」「頂く」「戴く」はどう使い分けるの? はコメントを受け付けていません。
  • 未分類
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

NEWS

  1. 11.202018

    自信をもってお奨めする車検!安さだけの何もやらない...

    2年に1度の車検整備なのに、検査を通すだけの車検が増えてます。大切な命を乗せて走る自動車だからこそ、安全を第一に考えた車検です。クルマの寿命も確実に伸びます。

  2. 11.192018

    忙しいあなたへ。安い!はやい!お得で便利なクイック...

    今は出来るだけ費用はかけないで車検を通したいという方にお勧めの「クイック車検」のご紹介です。

  3. 11.182018

    お車のことなら何でもご相談下さい!

     出勤前に預かって、退勤の時にお渡し出来ます。オイル交換や洗車等々、お気軽にどうぞ。もちろん、車検もOKです。

BLOG

ページ上部へ戻る