ブログ

感性「見える化」研究。広島大・マツダ、脳科学で運転応用へ

人はどんなときにワクワクしたり、心地よさを感じたりするのか。
広島大とマツダはこうした「感性」を脳科学で解き明かし、より快適に、思いのまま運転できる車をつくる研究を2年前から進めている。

22日には、研究成果の一部を報道陣に公開した。この日は、道路の映像を見せながら、手元の器具でハンドルを切るような体験を被験者にさせ、その時の脳の活動を機能的磁気共鳴断層撮影(fMRI)で調べる実験をした 。

http://apital.asahi.com/article/local/2015062800012.html

 

 

 

 

  • 感性「見える化」研究。広島大・マツダ、脳科学で運転応用へ はコメントを受け付けていません。
  • スタッフブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

NEWS

  1. 9.232018

    「助かります~」と喜ばれています

    オイル交換から、洗車、車検まで、朝お預かりすれば夕方に乗ってお帰り出来るように、仕上げます。忙しい方に喜ばれています。

  2. 9.222018

    タイヤに窒素ガスを入れる効果♪日常使用の軽自動車に...

     1台 2,000円(税別)タイヤに窒素ガスを入れる効果・メリット空気圧が減りにくい窒素は酸素に比べてゴムを通り抜けにくいことが科学...

  3. 9.212018

    ヘッドランプの透明感が蘇ります!

    本日夕方初めてご利用される小泉さん、お待ちしています。

BLOG

ページ上部へ戻る