ブログ

感性「見える化」研究。広島大・マツダ、脳科学で運転応用へ

人はどんなときにワクワクしたり、心地よさを感じたりするのか。
広島大とマツダはこうした「感性」を脳科学で解き明かし、より快適に、思いのまま運転できる車をつくる研究を2年前から進めている。

22日には、研究成果の一部を報道陣に公開した。この日は、道路の映像を見せながら、手元の器具でハンドルを切るような体験を被験者にさせ、その時の脳の活動を機能的磁気共鳴断層撮影(fMRI)で調べる実験をした 。

http://apital.asahi.com/article/local/2015062800012.html

 

 

 

 

  • 感性「見える化」研究。広島大・マツダ、脳科学で運転応用へ はコメントを受け付けていません。
  • スタッフブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

NEWS

  1. 8.32017

    ホームページをリニューアルしました!

    ...

BLOG

ページ上部へ戻る